書き方ご祝儀袋

ご祝儀の金額は、おふたりとの間柄や贈る人の年齢によって異なりますが、
友人や同僚の場合は2〜3万円が目安です。

慶事では、奇数は「割り切れない」ので「吉」とされています。
お祝い金も偶数は避けますが、「2」と「8」の数字は使ってもかまいません。

ご祝儀袋は、白の包み紙に赤白または金銀の水引きが正式です。

水引の結び方によって「結びきり」や「あわび結び」、水引細工などありますが、
中身の金額に見合ったものを選び、袋だけ豪華にしないようにします。

最近ではおしゃれなデザインのものがありますが、こうしたものは略式ですので、
親しい間柄で使うのがよいでしょう。包むお金は新札を用意します。

ご祝儀袋は、そのまま持ち歩かずに袱紗に包んで持参するようにします。

受付でカバンからむき出しのまま出したり、購入時のセロハン袋のまま出したりするのは
マナーに反しますので注意しましょう。


ご祝儀袋はお祝い金額とつり合いのとれたものを使うようにします。

表書きの上段には「寿」「御祝」「御結婚御祝」などの文字を濃い墨で太くはっきりと書きます。
表書きの下段には贈る人の名前を書きます。

夫婦連名の場合は、中央に夫の氏名、その左横に妻の名を書きます。
4人以上で贈る場合は、中央に代表者の氏名、その左横に「外一同」と書き、
別紙に全員の名前を列記して同封します。

ご祝儀袋に包んである金額と贈る人の住所、氏名等を記入します。
タテ書きの場合の金額には旧字を使用し、「金壱萬円」「金弐萬円」「金参萬円」などのように書きます。

ご祝儀袋の書き方についてでした。