ご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋の書き方をマスターしましょう。1人でおくる場合の書き方はもちろん、
連名での書き方などについても理解しておくといいですよ。

表書きは、「寿」が一番格式の高い言葉で、どんな披露宴に出しても恥ずかしくないから
便利です。「寿」のほかには、「祝御結婚」「御結婚御祝」などがあります。

1人でおくる時は、フルネームで中央に記入します。
最上位の人を右に順番に指名を並べて書きます。ただし、3人まで!
夫婦の場合は、夫の氏名を右に、妻の名前を左に並べて書きます。

中袋の書き方は、表の真ん中に金額、裏の左下に住所、氏名を書きましょう。
金額は、旧漢字を使います。(一→壱、二→弐、三→参、十→拾、万→萬)

裏の折り返しは、お祝いの場合は、上→下の順で!まず上を折ってから下を
折り返すようにしましょう。

これには喜びがますます挙がるようにという意味があります。
不祝儀のときとは逆なので注意しましょう。

中に入れる金額ですが、ご祝儀相場は気になりますよね。
ご祝儀相場は、新郎新婦との関係によって変わってくるものです。

「2」はペアを意味したり、「幸せが重なる」と考えられているので大丈夫ですが、
それ以外の「割り切れる数字(偶数)」は避けて下さい。
また、きれいな新札を用意するようにしましょう。

披露宴に招待された時は、お祝いをご祝儀として渡すのが一般的ですが、
色々なしきたりがあって、間違ったご祝儀を贈らないようにしましょう。