結婚式祝儀袋書き方

祝儀袋のマナー


知り合いの結婚式に出席するのですが、困ったのが祝儀袋。
これまでご祝儀を出す機会が無かったので、マナーが分りません。

祝儀袋を出すのは色々な機会がありますよね。
結婚式・入学祝・退職祝い・出産祝い・入学祝い・開店祝い…

今回は王道の結婚式ですが、ネットで見本を見てみましたよ。

まず書き方ですが、水引の上中央に「寿」、「ご結婚祝い」、「御祝」などと書き、
下中央に氏名を上の「寿」の文字などよりも小さめに書くんだそうです。

あと、筆記用具は筆か筆ペンの濃い色を使って字は楷書で。

金額は中袋の表側中央上に、氏名と住所は裏側の左下に。この時にお札の
入れ忘れを防ぐ為にお札を入れてから金額を書きましょう。

当然ですが、お札は出来るだけ新札を用意し、紙幣の表側が中袋の表側を
向くように揃えて入れる。

ご祝儀は「ふくさ」に包んで持参するのが礼儀ですよね。

祝儀袋の渡し方は、まず自分の方に向けて台の上に置き、手早く広げて
袋を取り出し、ふくさを軽くたたむ。

袋を相手の方に向け直し、お祝いの言葉を添えて差し出しましょう。
結婚式に限らず、祝儀袋の書き方や出し方にはマナーがあります。

公の場所で恥をかかないためにも、常識のある大人としてきちんと覚えて
おきたいですよね。

これで祝儀袋のマナーはバッチリだ!!