結婚式祝儀袋書き方

祝儀袋のマナー


知り合いの結婚式に出席するのですが、困ったのが祝儀袋。
これまでご祝儀を出す機会が無かったので、マナーが分りません。

祝儀袋を出すのは色々な機会がありますよね。
結婚式・入学祝・退職祝い・出産祝い・入学祝い・開店祝い…

今回は王道の結婚式ですが、ネットで見本を見てみましたよ。

まず書き方ですが、水引の上中央に「寿」、「ご結婚祝い」、「御祝」などと書き、
下中央に氏名を上の「寿」の文字などよりも小さめに書くんだそうです。

あと、筆記用具は筆か筆ペンの濃い色を使って字は楷書で。

金額は中袋の表側中央上に、氏名と住所は裏側の左下に。この時にお札の
入れ忘れを防ぐ為にお札を入れてから金額を書きましょう。

当然ですが、お札は出来るだけ新札を用意し、紙幣の表側が中袋の表側を
向くように揃えて入れる。

ご祝儀は「ふくさ」に包んで持参するのが礼儀ですよね。

祝儀袋の渡し方は、まず自分の方に向けて台の上に置き、手早く広げて
袋を取り出し、ふくさを軽くたたむ。

袋を相手の方に向け直し、お祝いの言葉を添えて差し出しましょう。
結婚式に限らず、祝儀袋の書き方や出し方にはマナーがあります。

公の場所で恥をかかないためにも、常識のある大人としてきちんと覚えて
おきたいですよね。

これで祝儀袋のマナーはバッチリだ!!

ご祝儀袋の書き方2

ご祝儀袋の書き方はどのようにすればいい?


友人の結婚式に出席する時、ご祝儀袋の表の書き方はどのように書けばいいでしょうか?

「御結婚御祝」「寿」「祝御結婚」などの下に、名前を書けば良いと思います。

苗字だけだと、出席者に同姓の人がいると受付や友人側で困ることもありますので、
できればフルネームで書きましょう。

水引の下、中央にバランスを考えて、筆ペンなどを使い、
濃い墨ではっきりと書きます。ボールペンは不可です。

金包みの表書きは、中袋には、表に金額、裏は左側に名前をフルネームで書きます。

金額の書き方は「金三万円」でも「壱、弐、参」または「一、二、三」でもOKです。

更に、祝儀袋の耳は下側を上に被せます。上側を被せると弔事になるので要注意ですね。

結婚式に夫婦で招かれてる場合ですが、一つのご祝儀袋にいれて出す場合、
名字のみで書けばよいのでしょうか?それとも、夫のフルネームのみでよいでしょうか?

表書きの氏名は水引の中央にフルネームで書くのが礼儀です。

ご招待者側は、ご夫妻で一家族と認識されていると思われ、ご主人お一人のお名前で結構だと思いますが、
連名とされる場合は、中央の左側に、同じくフルネームで書きます。

書き方の順は向かって右側が目上で、左側が目下になります。連名は3名までですよ。

ご祝儀袋の中袋の書き方についてなんですが、金額を書く欄がついていますよね。

横書きで円のみ印刷されています。こういう場合、「五萬円」と書くのか「金五萬円」と書くのか悩みませんか?
「30000円」とする方がいいのかなと思ったり。

縦書きの場合は「金 参萬円也」と書かれるのが一番丁寧で良いですが、横書きの場合は算数字でも問題ないと思われます。

家族で結婚式に出席し、ご祝儀袋には妻の名前を書くのか?主人の名前を書くのか?悩みませんか?

昔から一般的なのは、どちらの親族であっても世帯主であるご主人のフルネームを書くのが正解です。

最近は夫婦連名でのご祝儀袋も見かけますし、たまにマナーの本にもそういう書き方載っていますよ。

ただ連名でのご祝儀袋は、人によっては(特に年上の親戚)世間知らずと思われる場合もありますので気をつけてください。

妻の個人名のみ書くのは避けてくださいね。ご主人が出席しないならまだしも、ご夫婦+お子さんでの出席ですから、
ご主人の立場・顔を潰すことになりかねません。

また2次会のみの参加として、会費とは別に、友人と連名でご祝儀を渡すとします。

中袋へ名前などを書いた紙を入れますが、親しい友人であれば住所無しで名前だけでもいいような気がしますが、
親しい友人であっても、やはり住所は書いておかれたほうがよいですね。

ご友人が開封しお返しされる場合もあれば、ご友人のご両親が受け取られる場合もありますからね。

仲の良い悪いではなく、冠婚葬祭の場ですから、一般的マナーに添っておくほうが無難だと思います。
祝儀袋の書き方についてでした。

ご祝儀袋の書き方

ご祝儀袋の書き方をマスターしましょう。1人でおくる場合の書き方はもちろん、
連名での書き方などについても理解しておくといいですよ。

表書きは、「寿」が一番格式の高い言葉で、どんな披露宴に出しても恥ずかしくないから
便利です。「寿」のほかには、「祝御結婚」「御結婚御祝」などがあります。

1人でおくる時は、フルネームで中央に記入します。
最上位の人を右に順番に指名を並べて書きます。ただし、3人まで!
夫婦の場合は、夫の氏名を右に、妻の名前を左に並べて書きます。

中袋の書き方は、表の真ん中に金額、裏の左下に住所、氏名を書きましょう。
金額は、旧漢字を使います。(一→壱、二→弐、三→参、十→拾、万→萬)

裏の折り返しは、お祝いの場合は、上→下の順で!まず上を折ってから下を
折り返すようにしましょう。

これには喜びがますます挙がるようにという意味があります。
不祝儀のときとは逆なので注意しましょう。

中に入れる金額ですが、ご祝儀相場は気になりますよね。
ご祝儀相場は、新郎新婦との関係によって変わってくるものです。

「2」はペアを意味したり、「幸せが重なる」と考えられているので大丈夫ですが、
それ以外の「割り切れる数字(偶数)」は避けて下さい。
また、きれいな新札を用意するようにしましょう。

披露宴に招待された時は、お祝いをご祝儀として渡すのが一般的ですが、
色々なしきたりがあって、間違ったご祝儀を贈らないようにしましょう。

書き方祝儀袋

表書きは毛筆、筆ペン、サインペンなどを使用し、濃い墨(毛筆、筆ペン)を使用し
楷書体で書くようにします。

ボールペンや万年筆の使用や薄い墨で書く(仏事の書き方)のは失礼になりますので注意して下さい。

名前の入れ方は、水引の結び目中央上に上書きをし、名前は中央下にフルネームで上書きよりやや小さめに書くようにします。

中袋の書き方は、市販のご祝儀袋にはほとんどの場合、中包みがついているはずです。
もし、ついていない場合は半紙や奉書紙でお金を包みましょう。

最近の祝儀袋の中袋には金額、住所を書き込む場所も印刷されている場合も多いと思います。

ご祝儀袋・表書きの文字数などは、お祝いなどの表書きに四文字を使わないほうがよいという考え方があるのをご存知ですか。

これは四文字が「死文字」を連想するとの考えなのです。
例えば「祝御結婚」。気になる場合は、五文字で「御結婚御祝」にしたほうが無難です。

また、二・三文字でも構いませんが、その場合は「祝結婚」や「御祝」としましょう。最近では気にしない方も増えていますが、年配の方で気にする方もいますので、出来れば四文字は避けたほうがいいようです。

結婚のお祝いを現金で贈る場合も「4」や「6」「9」という数字は使用しない方が無難でしょう。ちなみに「9」は「苦」を連想する数字です。

「6」は慶事では避けるべき数字です。
ご祝儀袋の違いについてですが、まず色によってわかれます。
黄色い紐があるのはお葬式で使うもの。

絶対に間違えないようにしてください。
お祝い用は紅白なのでそちらを選びましょう。

そして、チョウチョ結びになっていて、紐の先が下を向いているものも披露宴のときは使用しません。ちなみにこれはチョウチョ結びですからほどけてしまうので、結婚式には向かないのが理由です。

どういう時に使うかというと喜びが何度も訪れて良いとき。
具体的には出産などで使用することが多いようです。

披露宴では紐が固結びになって先が上を向いているものを使用して下さい。
もちろんこれにも意味があって結び切りということから2回とないことを表しているのです。

また先が上を向いていることでますます栄えることも意味しています。
最近はご祝儀袋の裏に説明がありますのでよく確かめれば間違えなくて安心です。

また、自信がなければお店の人に確認することをおすすめします。
ご祝儀袋の書き方についてでした。

書き方ご祝儀袋

ご祝儀の金額は、おふたりとの間柄や贈る人の年齢によって異なりますが、
友人や同僚の場合は2〜3万円が目安です。

慶事では、奇数は「割り切れない」ので「吉」とされています。
お祝い金も偶数は避けますが、「2」と「8」の数字は使ってもかまいません。

ご祝儀袋は、白の包み紙に赤白または金銀の水引きが正式です。

水引の結び方によって「結びきり」や「あわび結び」、水引細工などありますが、
中身の金額に見合ったものを選び、袋だけ豪華にしないようにします。

最近ではおしゃれなデザインのものがありますが、こうしたものは略式ですので、
親しい間柄で使うのがよいでしょう。包むお金は新札を用意します。

ご祝儀袋は、そのまま持ち歩かずに袱紗に包んで持参するようにします。

受付でカバンからむき出しのまま出したり、購入時のセロハン袋のまま出したりするのは
マナーに反しますので注意しましょう。


ご祝儀袋はお祝い金額とつり合いのとれたものを使うようにします。

表書きの上段には「寿」「御祝」「御結婚御祝」などの文字を濃い墨で太くはっきりと書きます。
表書きの下段には贈る人の名前を書きます。

夫婦連名の場合は、中央に夫の氏名、その左横に妻の名を書きます。
4人以上で贈る場合は、中央に代表者の氏名、その左横に「外一同」と書き、
別紙に全員の名前を列記して同封します。

ご祝儀袋に包んである金額と贈る人の住所、氏名等を記入します。
タテ書きの場合の金額には旧字を使用し、「金壱萬円」「金弐萬円」「金参萬円」などのように書きます。

ご祝儀袋の書き方についてでした。